自分にあったアイシャドウを見極めるために|コスメの特色を調べよう

100円でも購入できる

目元が華やかになる

化粧をする人

コスメは使い方次第で別人のように変わることがあります。
整形をしなくても、キレイになることはできるのです。
そこで、いろいろなコスメを試してみましょう。
試すといっても、当然、費用がかかります。
有名ブランドコスメの場合、アイシャドウは数千円するものもたくさんあります。
家計のことを考えると、そうたくさんは一気に購入することはできないかもしれません。
そんな時に役立つのが100円均一のお店です。
最近は品数も豊富で、コスメもたくさん揃えられています。
100円均一のお店を訪れてみましょう。
アイシャドウだけでも何種類か置いてあるはずです。
ピンク系やブラウン系、ブルー系というように、少なくとも3種類程度は見つけられます。
3種類を全て購入しても300円プラス消費税だけで済むので、かなりお得です。
このようにして、家計に響かないように上手に揃えていきましょう。
また、アイシャドウを使うメリットとしては、目元が華やかになるところです。
特に目が小さかったり、一重だったりして、コンプレックスを抱いている人は、アイシャドウで目元を強調してみましょう。
濃いめにつけることで、かなり目元がパッチリ見えるようになります。
合わせてアイラインを引き、マスカラをつけるなどすれば、さらに目元は華やかになるはずです。
実際に、多くの女性がアイシャドウを使っています。
その日の気分やファッションなどに合わせて、いろいろなカラーを使ってみましょう。
何種類か同系色のものを重ねられる商品が多くなっています。
使い方はコスメ雑誌やサイトを参考にしてみましょう。

それぞれの特徴を知ろう

化粧品と女性

コスメの中でも、「どれを選べばよいのか」と迷いがちなのがアイシャドウです。
メイク初心者にとっては、「別になくても大丈夫」と考えがちなコスメですが、使うのと使わないのでは、顔の印象に大きな違いが生まれます。
どれを選ぶべきか悩んだときには、まずそれぞれの特徴を知りましょう。
自分にピッタリのコスメで、理想の顏に近付けるはずです。
まず最も初心者向けと言われているのが、パウダータイプのアイシャドウです。
さまざまなメーカーから発売されていて、カラーも豊富です。
肌に乗せやすく、グラデーションを作るときにも便利という特徴があります。
しかし残念ながらカラーの発色性や持続性においては、他のタイプのものと比較して劣ってしまいます。
こうしたポイントを重視したいときには、ジェルやリキッド、クリームタイプのコスメを選ぶと良いでしょう。
近年人気が高まっているアイシャドウで、発色の良さが魅力の一つです。
パウダーの下地として使うことで、メイクの崩れやカラーの落ちを防ぐ効果も期待できます。
とはいえ、ベタっとした仕上がりになると、ただけばけばしいだけの印象になる可能性もあります。
初心者にとっては、ハードルが高いアイテムと言えるかもしれません。
初めて試すときには、コスメ売り場の販売員さんなどに、使い方のコツをレクチャーしてもらうと良いでしょう。
アイシャドウの選び方は、使う場面によっても異なるはずです。
自身がなりたいイメージを大切にして、ピッタリのものを選んでみてください。

印象を左右するアイメイク

化粧道具

コスメ選びって意外に難しいとおもいませんか。
あまりこだわりがない人や、スッピン勝負したい人に関してはそこまでコスメ選びに迷うこともないかもしれませんが、多くの女性はメイクによってさらに自分をキレイに見せたいと考えているでしょうから、コスメ選びには慎重になりますよね。
メイクの中でもアイメイクにポイントを置いているという人は多いのではないでしょうか。
目は顔の印象を大きく左右します。
なりたい印象や自分の目の特徴に合わせて、アイメイクをするとさらに魅力がアップしますよ。
アイメイクに欠かせないコスメといえば、何と言ってもアイシャドウです。
アイシャドウには色々なカラーがあり、選び方が難しいと感じる方も多いでしょう。
基本色として一つは持っておきたいのはブラウン系のアイシャドウです。
ブラウンは、一重、二重、奥二重と、どんな目の形にも付けられますし、オンオフ問わずに活躍するのでまず最初の一色として使い勝手が良いです。
目を大きく見せたい場合は、眉の下にパール系の明るいカラーをのせて、目の際に向けて徐々に薄いベージュから濃いブラウンとグラデーションにすると良いでしょう。
一重の場合はまぶたが腫れぼったく見えないように、必ず目の際に濃い色のアイシャドウをライン状にひいたり、アイライナーを使ってアイラインを引きましょう。
奥二重の場合は、せっかく二重の部分にアイシャドウを乗せてもまぶたで隠れてしまう場合が多いので、二重の人よりも少しオーバー気味にアイシャドウをつけるとちょうど良いでしょう。